歯科ニュース

  • 掲載記事数: 43604件
Home > トピックス > 歯並びが悪くなる原因と無意識のクセを改善

歯並びが悪くなる原因と無意識のクセを改善

apple-15687_150 (1)

livedoorによれば、歯並びを悪くしている人の中には、無意識にしている行動が原因である場合が多く、口呼吸の人、舌を噛む癖がある人、前歯が出ている人、舌を噛む癖がある人は要注意である。

口が開いたままの口呼吸の人は下アゴと舌の位置が常に下がります。

指しゃぶりやガーゼ、おしゃぶり、爪、えんぴつなどを噛む癖ある前歯が出ている子供は、3~4歳までに止めさせる事が必要で、頬杖や歯を裏側から押す、舌を噛む癖がある人はまず、自分の癖に気づく事から始める。

また、鼻の病気やアレルギーが原因の場合も多く、治療が必要である。

このような体に悪い影響を与えている癖を止め、口のまわりの筋肉を強くすると歯並びを安定させる事が可能になります。

参照記事

livedoor
http://news.livedoor.com/article/detail/9947838/

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

ブログヘッドライン

メルマガ登録

ハッピードットネット インタビュー ハッピードットネット キラキラ歯科レディー モデルさんのhappyデンタルケア キャンパスレポート 歯科医療系学校を紹介! セレブインタビュー
Twitterでも配信中です。
メディカルプロモーション
スポーツひのまるキッズ